通販

食欲が落ちた時には

愛猫達も私達と同様、その日の気分や体調に変化が有って当然ですし、それが食欲の増減に現れても何の不思議もありません。
普段お気に入りのキャットフードにソッポ向いてしまう場面、愛猫家なら誰でも記憶経験をお持ちに違いありません。
「ねこのきもち」なるタイトルの雑誌が刊行されている通り、猫の心身の変化とキャットフードを食する分量http://fridaynightrunning.com/kcal.htmlには密接な関係が存在していて当然なのです。

例えば普段乾燥系のキャットフードを主食に与えている場合、私達人間の食欲減退との共通点に気づいてあげましょう。
夏季蒸し暑ければ当然、固形物が食べ辛くなるのは私達も一緒です。
僅かな食欲不振を目にしただけで短絡的に「このキャットフードはミスマッチなのかも?」などと結論を急いでしまわず、愛猫が過ごしている温度や湿度などの環境の確認や、スキンシップを通じて体重の増減や体調の善し悪しを的確に判断の上、どうしても乾燥系のキャットフードに食指が動かない様であればウエット系に切り替えてみるなど、慌てず対処してあげる事が大切です。
1食や2食食事が抜けても猫が即空腹から倒れたり病気になる事はありませんし、単に空腹感を覚えていなかったのであれば、お腹が空けばそのキャットフードを食べるのが猫なのです。

また飼い主側の心情として、人間の子供に与えるのと同様、あれこれ色々な種類のキャットフードhttp://www.catchingthebutterfly.com/nekonosyurui.htmlを次々と与える事で、愛猫が喜ぶ姿を確かめたいと思う傾向を否定出来ないかと思います。
ですがこうしたキャットフードの与え方は猫にとって好ましいとは言えません。
愛猫自身がキャットフードを選択出来ない事を「可哀想」と捉えるのは人間視点での感情であり、猫の健康にとってベストな与え方とチョイスを再優先するのが飼い主の努めなのです。
但しどうしても食欲減退が顕著な上に中長期的に続くようであれば、キャットフードの選択に関する相談も兼ねて、専門医の診断を仰ぐのが賢明でしょう。
食感や風味が猫の口に合わない事だけが、食欲減退の理由とは限らないのです。

このページの先頭へ