通販

離乳食としてのキャットフード

キャットフードがズラリと並ぶ小売店舗の売り場に足を運ぶと、猫や人間の赤ちゃんと接点が無い方々であれば、もしかしたら人間の食べ物だと見間違ってしまうかも知れない程、今日のキャットフードの商品構成は充実を見せています。
それは猫の赤ちゃん用の商品に関しても共通しており、離乳食として初めて猫に与える為のキャットフードhttp://k-clubs.hiho.jp/konek.htmlもまた、多くの愛用者を増やし続けています。

離乳食を与え始める上で大切なのは、タイミングを見誤らない事である点は、人間の子育てと共通しています。
愛猫の種類や成長のスピードには当然1匹毎に差がありますが、獣医さんを始めとする各方面からの正しい情報と判断を基準に、文字通り「お乳から離す」離乳食を導入してあげるのも、私達飼い主側の大切な役割です。

離乳食としてのキャットフードには、成長期に十分な摂取が必要な栄養素が計算されたバランスで含まれています。
猫の品種別に適した商品も流通していますので、近くに販売している小売店舗が見当たらない場合はインターネット通販などを利用して調達するのも一案です。
実際に含まれている栄養素の詳細やバランス、適応する猫の品種などもインターネット上で明記配信されているのが一般的ですので、むしろこちらを利用して調達するところからスタートした方が、愛猫にとってもより安全確実かも知れません。

与え方に関しても各商品にノウハウが記載されていますが、ここで私達人間が注意しなければならないのが、人間の赤ちゃんと猫の赤ちゃんの「違い」です。
双方共当然、自らの言葉で与えられた食事に対する何らかの意思表示は出来ませんが、時に食する事を拒んだり、食欲を見せないケースに遭遇して当然です。
特に子猫の場合は飼い主である私達が我が100%、猫達が何を訴え欲しているのかを正しく見極めてあげなければなりません。
これは「言うは易し」ですが非常に難しい作業でもあります。

ちなみに予備知識を1つ綴っておきたいと思います。
離乳食としてのキャットフードは成猫用のそれらとは違い、あくまで成長過程の限られた時期の猫にマッチした製品として、開発製造されています。
成猫に与えても害にこそなりませんが、喜んで食してくれるかと言えば、果たしてどうでしょうか。

このページの先頭へ