通販

人間が食べても毒にはならない?

愛猫家の中には「大切なペットに与えるキャットフードだからこそ、先ずは自身で食して確かめる」と公言される方も少なくありません。
猫に対する深い愛情に素直に頭が下がると同時に、こんな素朴な疑問が頭を過ぎる事を否定出来ません。
「食べて大丈夫?お腹壊さない?病気にならない?」といった不安と心配がそれらである点は、既に皆さんお察しの通りです。

結論から言えば、口の中に含んで食感を確かめたり、少量を実際に飲み込んでも、基本人体に甚大な悪影響を及ぼす事はありません。
キャットフードはその名の通り、猫専用に配合された食物製品であり、私達哺乳類が体内に摂取して即体調不良を招く危険な成分は含有されていません。
但し猫と人間では当然味覚が異なります。
人間が一口頬張って「美味しい」と感じる味付けが施されているとは言えない点は予め踏まえた上で、愛猫が果たしてどんな食感の食事を主食としているのかを知るべく、実際に口に含んでみても危険はまずありません。

但し忘れてはならない点として、キャットフードの製造工程に於ける衛生管理面と、私達人間が食する目的で製造されている食製品のそれとは「違う」「合格ラインに差が有る」事を挙げておきます。
当然キャットフードの製造環境は原材料の調達保管段階から、私達人間の食製品程徹底した衛生管理が為されているとは断言出来ないのが現状です。
そうした生産工程内の僅かな環境の違いが積み重なり、結果として「人間が食しても100%安全」とは言い切れない衛生レベルで出荷されているであろう事、否定出来ないのも事実です。

私達人間の身体にも当然、ある程度の免疫力が備わっています。
人間の食品としては合格点が貰えない状態のキャットフードを少量食した程度では体調に異変が現れなくとも、度を過ぎた摂取に及べば一気にリスクが高まる点を忘れてはなりません。
キャットフードはやはり、猫が食してこそベストな食品製品だと捉えておくべきなのです。

このページの先頭へ