通販

1日に与える適量と回数は?

試行錯誤の末に愛猫にベストマッチと思われるキャットフードも絞り込む事が出来、今後この製品を主食として与え続けようと、飼い主としては内心一段落の時を迎えたとしましょう。
当然ここでも注意すべき新たなポイントが幾つも浮上して来ますが、そんな中でも見極めが難しいのが、1度に与える適量と1日の食事の回数でしょう。
これらの判断を誤ると、結果愛猫の肥満もしくは栄養不良に繋がり兼ねないばかりか、常に満腹感を覚え続けたり空腹感を携える事が猫のストレスとなり、健康を害してしまわないとも限りません。

ここで忘れはならないのは、猫は人間程先天的な「欲」を自己コントロール出来ない「動物」である点なのです。
私達はある程度の年齢に達すれば、食べ過ぎだと自覚すれば健康の為に食事量をセーブしたり、あるいは栄養が必要だと頭で判断した場合、摂取する食事や栄養素を選択する事が可能です。
しかし皆さんが飼っている愛猫達は基本、食欲に対してそうした自己コントロールが出来ません。
「食べたい時に食べたいだけ食べる」「食べたく無い食物は食べない」「自身が何を摂取すべきかなど分からない」のが皆さんの愛猫であり、更に自らが抱く欲求を皆さんに伝える言葉などの木ミュにケーション手段も殆ど持ち合わせていません。
せいぜい仕草で「お腹空いた」「もっと欲しい」と訴える程度なのです。

キャットフードの適量や与える頻度に関しては、猫の年齢や体格、品種、更に細かく妊娠期など猫の体調に因って違って当然であり、与えるキャットフードに因っても各々異なります。
各製品にはガイドラインとしての適量が記載されていますので、まずはこれらを参考に規則正しく与えるところから様子を見るのがベストでしょう。
仮に愛猫がそのキャットフードを気に入り、毎食後更におねだりしたとしても、肥満に繋がると判断すれば、可哀想でも過剰に与えてはなりません。
反対に毎回完食していても痩せて来ている用で在れば、与える分量の不足もしくは病気の懸念を思い浮かべなければなりません。
何より大切なのは愛猫との日々のスキンシップを通じて体調を正確に把握し、何らかの変化が顕著であれば、それがキャットフードに起因するかどうかを冷静に推察判断する事で、皆さん自身も更にベストな与え方を模索してあげなければなりません。


このページの先頭へ