通販

キャットフード色々

その豊富な商品構成から、選択購入する私達飼い主側が戸惑ってしまう感が否めない、今日のキャットフード市場ですが、これらはその食感から大きく2つに分けて捉える事が出来ます。
1つは袋詰めされた形で販売されている固形のキャットフードであり、乾燥状態の固目の食感であり、2つ目は缶詰状態でウェットな食感の商品群であり、食感以外にも各々特徴とメリットあるいはデメリットと解釈出来る部分を有しています。

袋詰めタイプで販売されているキャットフードは商品毎に個体差こそありますが、未開封であれば数ヶ月から長ければ数年単位の保存が可能です。
パッケージも遮光性のl素材を用いるなど、各メーカーが保存性の向上に工夫を凝らしています。
但し開封後はさほど日持ちしない為、所定の期限内に消費してしまわなければロスとなってしまいます。
開封後密封可能な容器などに移して保存すると良いでしょう。
1袋で多くの分量を調達出来るので経済的なのもメリットです。

対して缶入りのキャットフードは固形タイプと比較すると小分けでの販売となっており、1食単位の商品も少なくありません。
当然開封後は即消費せねばならず、固形タイプのような「日持ち」は期待出来ません。
それでもウェット感を好む猫にとっては食べやすく、こちらのタイプの方が食欲を見せるケースが少なくありません。

その他冷凍飼料の範疇に入るキャットフードも販売されています。
当然解凍して与える手間暇が必要となりますが、愛猫家の中には敢えてこれをベストと判断し、与え続けておられる方も見られます。
更に人間が調理した猫の食事もキャットフードに違いありませんが、私達人間とは摂取が必要な栄養素のバランスも違えば、与えてはならない成分も存在しており、正しい知識を十分踏まえた上で調理して与えてあげれば、より愛情の詰まった食事を愛猫と一緒に楽しむ事が叶うでしょう。

キャットフードの食感は猫の食欲のみならず、例えば咀嚼を通じて歯やアゴを鍛える効果、もしくは水分補給を兼ねる、消化器系への負担の軽減など、どれをチョイスするかによって得られる、いわゆる副産物的な効能も異なって来ます。
当然私達人間の経済的負担面にも反映される為、猫の立場と私達人間の立場、双方から総合的にキャットフードをどのタイプhttp://www.elmastaba.org/syurui.htmlのどれにするのかを選択決定する事が大切でしょう。


このページの先頭へ