通販

犬に与えても大丈夫?

犬と猫を両方飼っておられる方もまた、全国各地に数え切れません。
そんな飼い主の方々の頭を自然と過ぎるのが「愛犬と愛猫に同時に同じ食べ物を与えても大丈夫だろうか?」という素朴な疑問であり、既にそのようなペットの食生活が当たり前となっているお宅も少なくないかと思われます。
犬にキャットフードを与える事に問題が無ければ、人間としての経済的な負担も軽減出来、内心助かるのも偽らざる本音の部分でしょうし、片方のペットが食べ残しったとしてもロスを最小限に抑えられる点もメリットだと捉える事が出来ます。
ですが飼い主として何より優先すべきなのは当然、家族の一員であるペットの健康管理に他なりません。
果たして犬にとってキャットフードは健康上害にはならないのでしょうか?

「我が家の犬はドッグフードよりキャットフードを好んで食べます」といった口コミやコメントは、皆さんもどこかで目や耳にされた記憶をお持ちでしょう。
キャットフードはドッグフードと比較して風味がハッキリ感じられる味付けが施されている製品が多く、1度この味を知ってしまった犬がキャットフードを好んでしまうケースは少なく無さそうです。
基本動物の食事として開発製造されていますので、食する事が即健康に悪影響を及ぼす事はありませんし、人間が食しても、即重大な体調不良に直結する事は殆どありません。

但しキャットフードはあくまで、猫にとってベストな栄養素が計算されたバランスで配合されている食物製品です。
犬と猫は動物としての種別は勿論、体格も体質も必要とする栄養素のバランスや内訳も異なります
犬が1度や2度食する分には問題はありませんが、キャットフードを常食としてしまう事はお薦め出来ません。
必要な栄養素が不足する一方、余計な栄養素を過度に摂取してしまう事が懸念され、中長期的な継続摂取は健康上マイナスとなる可能性大だと判断出来るのです。
愛猫と仲良く同じ食事を楽しむ姿を確かめたい気持ちは理解出来ますが、やはりキャットフードは猫専用の食事http://www.afrileo-foundation.org/bennnoukennkou.htmlである点を踏まえ、犬にはドッグフードを与えてあげるのが、飼い主としての正しい姿勢でしょう。


このページの先頭へ