通販

お手製キャットフードについて

猫と一緒に暮らし始めて一定期間を数えた飼い主であれば、誰もが「与えてあげれば喜んで食べてくれるかな?」と思い浮かべるのが、自身のお手製の食事すなわ自家製キャットフードではないでしょうか。
勿論日々忙しい飼い主であれば、調理に十分な時間を費やすのも難しく、現実なかなか困難な事に違いありませんが、日々お手製の食事を与えておられる愛猫家は全国各地に数え切れません。

お手製キャットフードに関する資料や情報もまた、インターネットが発達普及した今日ですから、居ながらにして簡単に収集閲覧が可能な環境となっています。
自身の愛猫と同一品種の猫が喜んで食しているお手製キャットフードの紹介や写真を目にすれば、自ずと心にスイッチが入るのは猫好きとして当然の感情の動きでしょう。

ここで具体的に細かい部分に触れるとスペースが当然足りない為に割愛しますが、皆さんが飼い主という立場から忘れてはならないポイントを以下に挙げておきたいと思います。
それは「猫と人間では味覚も摂取必要な栄養素の分量や成分が異なる」という事、すなわち「猫と人間は違う動物」という事なのです。
お手製キャットフードの調理を思い描かれた方は当然、同じ食事を愛猫と分かち合う食事風景を思い浮かべて思わずニヤけてしまわれたかと思いますが、それはほんの一瞬だけならさておき、中長期的な日常風景であってはならない点をしっかり踏まえておきましょう。
猫にとって摂取必要な栄養を満たし、猫の味覚にマッチした食事は私達に適しているとは言えないのです。

また市販のキャットフードに手を加えて与える事で、少しでもお手製キャットフードに近づけたいと考えられる方も見られますが、この行為にも注意が必要です。
市販のキャットフードは通常そのままの状態で与える事で猫に適した食感と風味と栄養配分を満たすように考えられています。
人間がキャットフードを調理用の食材と捉え、更に余計な味付けや加熱などを加えてしまうと、結果猫にとって好ましく無い食材を作り上げてしまう事に繋がってしまうからなのです。
最初から市販のキャットフードを与えるのであれば、商品説明に従い正しく与えなければならず、お手製の食事とは切り離して捉えておきましょう。


このページの先頭へ